豚プラセンタ〜プラセンタの種類

Sponsored Link

豚プラセンタ

美容目的として利用されているプラセンタは、かつては牛のプラセンタが多かったのですが、狂牛病の問題によって状況が代わり、厚生労働省からの通達によって牛のプラセンタが使用できなくなりました。
その結果、豚のプラセンタが牛に代わって主流となっています。
豚はもともと人間の臓器移植の手術などでも使われており、人間の体との相性が良い成分だと言われています。
プラセンタ(P)と記載されているPとは豚を意味する英語のPigのことです。

 

豚プラセンタを選ぶなら、厳しい基準を設けて徹底管理の下育てられているデンマーク産の豚か、SPF豚を選びましょう。

 

SPF豚

 

SPF豚とは「健康豚・健全豚」とも呼ばれ、微生物や寄生虫等、悪性の病原体を持たせないように、衛生管理された豚舎で飼育された豚を指します。

 

病気のリスクが低く、ストレス無く育つため、肉質が柔らかくなるなど、食肉としての価値の高い豚です。

 

食用としても人気のSPF豚より抽出されたプラセンタが、注目されています。

 

通常の豚は、狭い豚舎に密集してで大量に飼育されている為、感染症にかかりやすい環境で飼育されています。

 

その防止策として、ワクチンや抗生物質を投与されます。
その雑菌処理の過程で、胎盤の有効成分も破壊されてしまいます。

 

SPF豚は、病原体に感染しないように管理の徹底された環境で飼育される事により、通常の豚より抽出されるプラセンタの約3倍の有効成分を含んでいると言われています。

 

 

Sponsored Link