馬プラセンタ〜プラセンタの種類

Sponsored Link

馬プラセンタ

馬は病気にかかりにくい為、ワクチンや薬剤が殆ど使用する必要がありません。
この為、安全性の高いプラセンタを抽出する事が可能となります。

 

また、他の原料と比べても栄養価が高く、効果の面でも優れています。
整った環境で大切に育てられたサラブレッドのものを選びましょう。

 

一方で、希少な成分となりますので、価格が少し高めとなってしまいます。

 

馬と豚の違い

馬プラセンタは、豚プラセンタと比較して、含有アミノ酸量が非常に多いことで知られています。
また、豚のプラセンタには含まれていない、6種の必須アミノ酸が含まれています。
これは、豚は1回の出産で約10頭を出産しますが、馬は1回に1頭であることに関係あります。
豚の胎盤は薄い膜のような形態になっていますが、馬の胎盤は人間の胎盤のようなしっかりとした臓器です。

 

このことから、アミノ酸含有量や成長因子も濃厚に含まれていると考えられます。

 

ただし、ちまたで言われているように、馬プラセンタに含まれるアミノ酸は豚プラセンタの約296倍というのは、実際のところ定かではありません。
「フリーズドライ原料」と「エキス原料」の比較では、正しい含有比はわかりません。

 

同条件のもとで比べた場合、馬プラセンタのほうが豚よりも1.2倍〜1.5倍程度アミノ酸含有率が優れているようです。

Sponsored Link