プラセンタサプリの副作用〜プラセンタ豆知識

Sponsored Link

プラセンタサプリの副作用

取り出す前のプラセンタは母体内で胎児の免疫系等を代替しています
胎盤のおかげで母子ともに健康でいられるのです
通常、臓器には持ち主を識別するナンバーのようなものがついているため、他人に移植をすると拒絶反応を起こします。
ところが角膜とプラセンタは、そのナンバーがなく、異物として認識されない珍しい臓器です。
そのためプラセンタには副作用がほとんどないのです。

 

その後取り出され、製品加工されたものはタンパク質(アミノ酸も含む)製剤として認可されています。
タンパク質アレルギーの人などに、異種タンパク質による一過性の拒絶反応が出る場合があります。
この場合は、かゆみや発疹として体に現れます。

 

一般的に、副作用のない薬はないと言われていますが、プラセンタには、重大な副作用の報告はありません。

 

プラセンタは化学合成して作られた薬とは違います。
私たちと同じ哺乳類の胎盤から有用な成分だけを抽出した食品なのです。
大変優れた効果を持ちながら、きわめて安全なサプリメントあると言えます。

 

ただし、初めは量を少なめにして、試していくとよいでしょう。

Sponsored Link