更年期障害〜プラセンタの効果

Sponsored Link

更年期障害

更年期障害は、卵巣機能の低下により女性ホルモンのエストロゲンが激減し、そのために、女性ホルモンをコントロールする視床下部を刺激することにより、自律神経のバランスを乱し、不定愁訴を引き起こすことによって生じます。
プラセンタが更年期障害に効果を示すしくみについては、動物実験などから、ホルモンバランスを整える「内分泌調整作用」 や、自律神経のバランスを整える「自律神経調整作用」などによることが明らかにされています。
プラセンタはこうした調節作用のほかにも、「基礎代謝向上作用」 「血行促進作用」「造血作用」「疲労回復作用」「貧血改善作用」「免疫賦活作用」「体質改善作用」など多種多様の薬理作用を発揮するわけで、これらが複合的に働くことによって、さまざまな不定愁訴の緩和に一段と効力をあらわすことになります。

 

更年期障害の治療薬として厚生省の認可を受けているプラセンタエキスの注射薬『メルスモン』は、医療機関で受けることができます。

Sponsored Link