安全性〜プラセンタの選び方

Sponsored Link

安全性のチェック

飼育の段階から衛生的に育てられているかが大きなポイントになります。
産地や飼育環境など、原材料について詳しく書かれた商品を選びましょう。

 

殺菌処理

雑菌やウイルスをきちんと処理してあるかどうかがポイントになります。
雑菌やウイルスを処理する方法として、加熱処理やフィルター処理などがあります。
雑菌に関しては、目の細かいフィルターを通すことで取り除くことができますが、ウイルスはもっと小さなサイズのため一般的なフィルターでは通り抜けてしまいます。

 

ほとんどのプラセンタ製品は、加熱による殺菌処理を行っています。
100度や200度といった高温での処理ですので、実は、この加熱処理で大切な成分の何割かは壊れてしまいます。
衛生的に育てられた動物は、胎盤も衛生的ですので加熱処理が少なくすみますので、加熱による有効成分の破壊を抑えることが出来ます。

 

残留ホルモン

安全管理を徹底した飼料で育てられた動物であれば、問題ありません。

 

Sponsored Link